スポンサーサイト

  • 2016.06.11 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

旗日です 《개천절(開天節 : ケチョンチョル)》

  • 2012.10.03 Wednesday
  • 12:04


 今から4344年前に、檀君(タングン)という人が朝鮮半島に最初の民族国である「檀君朝鮮」を建国したことを記念し、天に感謝する日とされているのが10月3日の 개천절(開天節 : ケチョンチョル)
 『檀君神話』に基づく、朝鮮民族の歴史的出発点となったとされている日ということですね。
 「天が開く」という言葉には、「天から桓雄(ファンウン)が降臨した」「檀君が天を開いて国を建てた」などいろいろな意味が含まれているようです。日本の植民地支配から解放後、大韓民国を樹立し開天節を制定する時にも、名称を「建国記念日」ではなく「開天節」としたのは、国民にとって象徴的な意味が大きいと判断されたためのようです。
 韓国の古書「三国遺事(サムグッユサ)」に、檀君は「広く人間世界に利益をもたらし共存する」という意味の「弘益人間(ホンイッインガン)」を建国理念として掲げたという内容があるんだそうです。韓国の人々にとって開天節は、そんな檀君が目指そうとした国の姿、そして自国の歴史に思いを馳せる日ということにもなっているのだとか。

 さて、その天を開いて国を建てたとされる檀君のお話、『檀君神話』ですが・・・
 韓国では子どもから大人まで誰でも知っている神話なんだそうです。
 初の民族国家である古朝鮮(期間は紀元前2333年〜108年と伝えられる。1392年に李成桂(イ・ソンゲ)が建てた「朝鮮」と区別するために古朝鮮とされる)を築いた檀君の誕生と、建国するまでのストーリーが主な内容です。

 昔々、天地をつかさどる神が自分の息子を地上に遣わしました。
 息子、桓雄が地上に降り人々を治めるようになったある日、熊と虎が「お願いです。私たちをどうか人間にして下さい」と桓雄にお願いに来ました。
 桓雄は、「では、ヨモギ1束とニンニク20個を授けよう。これを食べながら、100日間日光を避けて洞窟にこもりなさい。そうすれば人間になれるであろう」と言いました。
 熊と虎は早速洞窟に入りました。
 虎は我慢できずにすぐに逃げ出してしまいましたが、熊は辛抱強く洞窟にこもり続け、ついに21日目に美しい人間の女性に変わることができました。


※お借りしてきた画像を加工 by dorami  m(_ _)m


 そして、女性に生まれ変わった熊は、「どうか子供を授けてください」と熱心に祈り始めます。
 その願いを聞いた桓雄は熊女をめとり、2人から男の子が産まれました。
 男の子は檀君(タングン)と名づけられました。その後、檀君は国を建て、「朝に鮮やかなる地」という意味で国名を「朝鮮」とし、都を平壌に定めました。

 と、このようなお話です。

 このお話に出てくる虎と熊、両方とも韓国では特別な動物なんですが、虎のほうが熊よりも待遇的には上になるんですって。なのに、このお話では、虎は根性無しのようになっちゃって、飲まず食わずで篭ることに慣れてる熊が強い信念を持っていたようになってるのも不思議なとこですが、そこはまぁ、神話だと言うことで^^;


今日は、초복(初伏 : チョボッ)

  • 2012.07.17 Tuesday
  • 12:53

 今日から1年のうちで1番暑い30日間「삼복(三伏 : サンボッ=酷暑30day's)」が始まります。
 その30日(暦の関係上40日の年もある)の間に、초복(初伏 : チョボッ)、중복(中伏 : チュンボッ)、말복(末伏 : マルボッ)と言われる「 복날(伏日 : ボッナル) 」という日があります。この日には、暑気払いとして滋養食を食べる習慣が韓国にもあるんです。日本で言う「土用の丑の日」みたいな日です。


※ 写真はお借りしてきました


 土用の丑の日に日本中の鰻屋さんに注文の電話がジャンジャン鳴るように、韓国では삼계탕(参鶏湯 : サムゲタン)屋さんが大賑わいになるんだそうです。보신탕(補身湯 : ボシンタン)や닭한마리(水炊き鶏 : タッカンマリ)や추어탕(どじょう汁 : チュオタン)など、韓国で夏の滋養食とされている料理が他にもあるのでサムゲタン1点集中というわけではないみたいだけど、老若男女誰でも食べやすいからかサムゲタンが1番人気らしいですよ。

 ところは変わりますが、ここちうごくにも三伏の習慣はあります(ルーツはちうごくなんでしょうね)。
 ちなみに、ちうごくでは、「伏天」と言われています。「頭伏餃子、二伏麺、三伏烙餅」が、いいとされている夏バテ対策グルメです。夏に食べる特別メニューというわけではなく、各伏日の日にこれを食べるといいんだぞ〜という感じで少々迷信っぽいのが特徴でしょうか^^; その辺は日本や韓国とちょっと違う夏バテ対策習慣ですね。

 嫌でも体力は減り、食欲は減退気味になりがちなこの時期。どうしても冷たくあっさりさっぱりな食事になりがちだけど、夏バテしないためにも伏日の3日だけでも熱々の栄養満点料理を食べるのもいいですよね。


農繁期の準備と無病息災を願う日 《대보름 テボルム》

  • 2012.02.07 Tuesday
  • 11:42


 北京は綺麗な月が出てましたが、皆さんのところではどうだったでしょうか?
 昨日は、대보름 (テボルム)。
 韓国では、旧暦で新年を迎えて最初の満月の日、旧暦1月15日をテボルムと言います。伝統的な民俗行事が行われたり、テボルム料理を食べたりします。 
 中国じゃ、元宵節と言われてますね。日本じゃ・・・やっぱり小正月としか言い方を知らないわ。
 昨年偶然にも小正月のこの時季を韓国で過ごして、 テボルムの祭りに行ってきた事を 思い出しました。ブログに載せたその記事を見て、あらまっびっくり!いっちばん最後に、「テボルムの風習etcについてはまたあらためて書きますね」なんて書いてるじゃないですか。その後テボルムについては何も書いてなかったじゃん・・・。ほんと、もう、ダメねえ。
 ということで、この機会に少しだけでもテボルムのことをば。


続きを読む >>

話題の 《꼬꼬면(ココミョン) & 나가사끼짬뽕(長崎ちゃんぽん)》

  • 2011.11.30 Wednesday
  • 23:47


 韓国の今年のインスタントラーメン界、25年のアニバーサリーを記念して発売されたにも関わらず見事にこけてしまった「 辛ラーメンBLACK 」もあれば、彗星の如く(こけた辛ラーメンのかわりのように)現れた「ココミョン」、その流れに乗って登場した「長崎ちゃんぽん」なんてのもありました。このココミョンと長崎ちゃんぽんが今韓国で話題の大人気商品なんです。

                                           左:나가사끼짬뽕(長崎ちゃんぽん) 右:꼬꼬면(ココミョン)

 꼬꼬면(ココミョン)
 韓国ヤクルトのラーメンのブランド、バルドの商品。キャッチコピーは、あっさりしているのに辛いココミョン。
 このラーメンは、テレビ番組のラーメン大会でコメディアンのイ・ギョンギュって人が作ったラーメンですが、その味が認められて商品化されたんだそうです。鶏肉をベースに作ったスープで、見た目は全然辛そうに見えないけど、油断しちゃいけません・・・実は結構辛い。キャッチコピーのまんま、お味はあっさりしているのに結構辛いです。確かにかやくにちょっと唐辛子が入ってるけど、だから辛いというわけじゃなさそうです。元々スープ自体が結構辛い。ちなみに、卵を溶かずにそのまま入れる(チキンラーメン式)か、白身だけ入れて食べるとおいしいというようなことが袋の裏に書かれてます。

 나가사끼짬뽕(長崎ちゃんぽん)
 「三養ラーメン」でおなじみの三養食品の商品。
 ココミョンは鶏肉ベースのスープだけど、これは豚骨ベースに海鮮をプラスしたスープみたい。見た目は全然辛そうになくて、長崎ちゃんぽんを食べられるわ♪という気にさせてもらえるけど、実は青唐辛子の効果バツグン。わかってて食べるとあっさりとしてすっきりした辛さなんだけど、つい何気にお口に入れるとびっくりするんで(もしかしたら、むせちゃうこともあるから)油断しないように。
 ずっと辛ラーメンが守ってきた不動の1位の座をも脅かしているようですね。実際、辛ラーメンの売上高を抜いた時もあったらしいです。

 この2つのラーメン人気はそりゃますごくて、ココミョンにいたってはスーパーの在庫が切れてて食べたくても食べられない人が続出してるんだって。それで、そんな人気や話題に便乗して韓国インスタントラーメン界には白スープものの新商品が増えているとか・・・。あっさりしたスープに青唐辛子の辛さがばっちりプラスされた味が、韓国人の好む「すっきりした辛さ」というのにドンピシャだったんでしょうね。「白いスープの反乱」とまで言われている今の韓国インスタントラーメン界、これから新製品もまた出てきそうだし、しばらくは白いスープ人気が続きそうです。
 ※両方とも北京で購入可能です。興味があるかた、ぜひ1度お試し下さい。1度食べたらちょっと癖になりそうな美味しさですよ^^


大人の乳酸菌飲料 《막걸리(マッコルリ)》

  • 2011.03.02 Wednesday
  • 13:46


 막걸리 マッコルリ は韓国では家庭や地域ごとに醸造され消費され、お水代わりに飲まれてきたすごーく庶民のお酒です。
 出来たらすぐ飲まれ、ながく保存されることはない生ものだったんだけど、技術の発展により、加熱し長く保存できるものが流通するようになって韓国以外の国でも生ではないけど親しむことができるようになったわけです。
生(“地”)マッコルリは文字通り、発酵が進行中(生きている)のもののことをいいます。加熱していないから、体にいいいろんなな乳酸菌が活動しているんですね。爽やかな甘味とほのかな酸味で飲みごこち抜群です。ビバ!大人限定の乳酸菌飲料、生マッコルリ!!
 最近は、もっと技術が発展したおかげで、「ほぼ生マッコルリ」も気軽に買えるようになりました。


 スーパーに行くと、こんな感じで売ってます。ジュースを売ってるのとなんら変わらない・・・おまけにひっじょうーに安い。スーパーだとコーナー化してるけど、コンビニに行くとほんとに何気に置いてあるんです。


続きを読む >>

お肌に譲ってあげて・・・《SKIN FOOD》

  • 2011.02.11 Friday
  • 09:23

 空からゴミやホコリや砂以外のものが降ってきた昨日の北京。今日はいい天気です♪
 悪いことしたわけでもないのに催涙弾を打ち込まれて、無理やり泣かされてる空はかわいそう・・・でも湿った道路を見ているとなんか心がわずかでも潤った気にもなります。
 この空気の乾燥にも慣れてしまったのか、快適とは言えないけどこれと言って辛いと思えることも身体上はなく過ごしてます。でも、年明けくらいに「こんだけ乾燥してるってことは顔からも水分抜けてってるよね〜」と思いながら鏡を見てしまった。そうだよ、顔からも水分抜けてるんだよ!と慌てて取り出したのがこれ。


 「もう年なんだから・・・」とルドルフがプレゼントしてくれた 『SKIN FOOD (韓英中)』 の 백금포도셀(プラチナぶどうセル)シリーズ の中のなんかのエマルジョン。
 コスメに関しては疎すぎて全く知りませんでしたが、日本でもコスメフリークには人気らしいですね、この韓国コスメ。食べて身体にいい食品を素材にしているらしく、『美味しいフードで作った美味しい化粧品』というのがコンセプトのようです。
 さて、このエマルジョンですが、さらっとしていて香りも薄くてとても使いやすくて気持ちいいです。ぶどうシリーズだからぶどうの香りでもするの?と思ったけどしなかったな。でも、色はほんのり、本当にほんのり紫色です。
 使い始めてからもう1ヶ月以上が経っちゃったけど、やっとこのエマルジョンが何物か調べてみました^^;調べて初めてわかったことですが、これは『美白とシワ改善』に効果を求めたエマルジョンでした(プッ)。どんな効果が現れてるのか・・・今のところ???だけど、使い心地がいいっていうだけでも嬉しいことです。続けてたらなにかしら効果が現れるかもしれないしね。
 ※あちこちの通販サイトでは扱ってるようですが、スキンフードジャパンの店頭にあるかどうかはわかりません。今はなくても、そのうち 日本の店頭 にも並ぶと思います。
 このコスメ、使いやすいし(ずぼらーの私にはこれって重要ポイント)、お財布にも優しいし、肌への負担も少なそうでいい感じです。自分磨きオンチが「今更皮膚改善でもないんじゃない?」という気持ちと「今だからこそ必要なんじゃない?」という気持ちの狭間でユラユラしております。今度韓国行ったときにお店に行ってみようかなあ。まずは偵察に・・・。


続きを読む >>

송평(松餅 - ソンピョン)

  • 2010.09.22 Wednesday
  • 23:56


 うるち米の粉(上新粉)で作った韓国の餅菓子の1つです。
 生地の中に小豆(餡)、ナツメ、栗、すりゴマ+蜂蜜などを入れ、松葉をしいた蒸し器で蒸して作ります。松の香りがうつって独特の風味があります。それで성평(松餅 - ソンピョン)と言われるようです。私は松葉が練りこんであるんだとしばらくの間思ってました。だから緑色のをそう呼ぶんだと・・・^^; でも実は五方色と言って青赤白黒黄の5色なんだとか。
 女子必見のいいつたえもありますよ。
 <ソンピョンを綺麗な形で作ることができたら・・・>
  未婚の場合→いい配偶者に恵まれる♪
  妊婦の場合→可愛い赤ちゃんが生まれる♪
 <妊婦さんが・・・>
  良く蒸されているソンピョンを食べると→男の子が生まれる
  蒸し加減が足りないソンピョンを食べると→女の子が生まれる
 形についても諸説あるようですね。なかには「丸い生地で自分の願い事をこぼれないように包んでいくと半月形になった」って、いいつたえに続いて夢のある説もありました。
 韓国では추석(秋夕 - チュソッ ※日本で言うところの「お盆」です)に欠かせない名節料理の1つとなっています。日本では中秋の名月の日に月見団子を、韓国ではその日にはソンピョンを、なんですね。
 最近は、カラフルな色柄物やオサレに着飾ったものもあるようです。もちろん昔ながらの素朴なものもあるようですが、昔と違って家庭で作ることが少なくなってきているようですね。デパートや餅菓子専門店に行くといろんな種類のものがあるし、パック入りになっているものもあります。
 なーんか韓国のものと風味は違うと思いますが、北京でも年中購入可能です。お店の人にソンピョンか?と聞くとそうだと言うかもしれないけど、緑色とか五方色だからソンピョンとは限らないので、北京(中国)在住の皆様、もしかして買う機会があるときはお気をつけください。

 北京は先週末から雨の日が続いてたけど、今日はとってもいいお天気でした。夜はいい月が見られそうです。ソンピョンは準備してないけど・・・まっいっかー。


オボイナル (父母の日)

  • 2010.05.09 Sunday
  • 02:28


 5月8日はオボイナル(父母の日)。日本では「母の日、父の日」と分かれてるけど、韓国じゃ分かれてないんですねえ。ただでさえ日本の祝祭日だって相当怪しくなってきているのに、義父母と離れて(おまけに第三国に)いるせいか、韓国の大切な祝祭日は忘れがち・・・(できの悪い嫁でほんとすんません)。親孝行をする日という意味でも父母の日と1日にまとまってるのは私の脳内の記憶をつかさどっている所にやさしいわ〜。
 んでも、花キューピッドとか使えないし、電話をかけても「お元気ですか?」くらいしか言えないし、ほんの気持ちで(自己満足ってやつになっちゃうけど)、これがプレゼント代わりということで・・・


 普段はあまり感じないけど、こうして何かある時に電話すると、「また遊びに行きますね〜」とか「いい季節になりましたね〜」とか「変わりないですか?」なんて気の利いたセリフも言えるようになんなくちゃいけないよな・・・と思います。


続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Time

while



presented by 地球の名言

welcome

free counters

welcome map

Traffic

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR